【人気のボトックスを徹底解明】プチ整形でコッソリきれいになる!

サイトメニュー

ボトックスに副作用?

診察

ボトックスの副作用

ボトックスの成分は、ボツリヌス菌から抽出されたタンパク質になります。ボツリヌス菌は、食中毒を引き起こす猛毒として知られています。そのため、副作用を心配する方は少なくありません。毒を体内に取り込むのは不安ですよね。しかし、美容整形やプチ整形に使用されているボトックスの成分は、有毒性を取り除いた安全性の高いものです。アレルギーや副作用の報告例はほぼありません。そのため、安心して施術を受けることができますが、副作用やアレルギーには個人差が生じます。完全にないとは言い切れません。また、万が一、ボトックスの投与量が多すぎた場合には、体調不良を引き起こす原因になってしまいます。頭痛や吐き気、めまいや発熱などの症状に、ボトックスの効果が薄まるまで悩まされることになるのです。しかし、クリニックでは、ボトックスの投与量や濃度について、十分な配慮がされているはずです。このような副作用に悩まされる確率は極めて低いと言えます。また、クリニックを選ぶ際には、製剤の安全性が確かなものを使用しているか、確認しましょう。信頼性の高い製剤は、厚生労働省やFDAといった機関から認可を受けています。認可を受けているボトックスを使用しているクリニックを選ぶと、副作用などのリスクを下げることができます。