【人気のボトックスを徹底解明】プチ整形でコッソリきれいになる!

サイトメニュー

ボトックス施術の流れ

医者と看護師

施術の流れ

ボトックスを施術を受けるためにはまず、カウンセリングを受ける必要があります。カウンセリングでは、コンプレックスや悩みに応じて、どのような施術を行なうか相談します。例えば、頑固な眉間のしわの解消をしたいと思った時ですが、ボトックスの効果によって解消できるしわなのか、または別の施術が必要なのかを診察しながら判断していきます。ボトックスで解消できるしわというのは、筋肉が原因となっている場合のみです。例えば、肌の老化などによる水分不足が原因でできたしわに、ボトックスの施術をしてもいまいち改善はされないでしょう。ボトックスは、筋肉に直接注入することで作用します。まずはカウンセリングで原因を探るところから始める必要があるのです。しわの程度や具合も同時に診ていき、仕上がりのイメージを決めます。カウンセリングの段階で、投与するボトックスの量を決めます。カウンセリングが済んだら施術に移ります。施術の際には、極細の注射針が使用されます。注射の傷みが苦手な人は、麻酔クリームなどを塗ってもらえるように、あらかじめ相談しておきましょう。施術は注射1本で全てが完了します。かかる時間は、約5分から10分ほどです。プチ整形と言うだけあって、施術にかかる時間もとても短いのが特徴ですね。施術後は、注射傷から少量の出血が見られることもありますが、しばらく抑えていればすぐに止血ができます。股、患部が少し赤くなってしまうことがあるようです。これは患部をしばらく冷やすことでおさまってきます。全ての施術が済んだら、そのまま帰宅することができます。また、術後すぐにメイクをすることもできますが、術後すぐのメイクは、肌への負担を考えると控えた方がいいと言えるでしょう。特別なケアや、ダウンタイムは必要としないので、帰宅したあとは、普段通りに生活を送ることができます。もしも、注射によって内出血や腫れが出てしまった場合でも、メイクで隠すことができる程度のものなので、そんなに心配しなくても大丈夫でしょう。しかし、長引くようであれば、施術を受けたクリニックに一度相談してみましょう。